一から始めてみる威沙でPDF


威沙とは


威沙とは、旅人のザック・Sylphid Software Systemsの風野旅人さんが製作されている、フリーの縦書き組版PDF出力ソフトです。威沙と書いていずなと読みます。

威沙の概略

威沙ではテキストファイルを入れてPDF形式で出力するだけで、自動的に縦書き組版されたPDFファイルが生成されます。びっくりするくらい簡単です。
また、威沙独自のフォーマットであるTNF(PreTNF)を用いてPDF変換すれば、空白ページの挿入やセンタリングやルビ振りなど、自由自在にページ・文字を修飾できます。
より深く組版調整したい場合にも、プロファイルやテンプレートをカスタマイズすることで、自分好みの紙面に仕上げることが可能です。簡単さと奥深さ、二つをあわせ持ったソフトです。

フリーフォントが同梱

IPAフォントとliberation-fontsが同梱されているので、これらのフォントがPC内に存在しなくても使用することが可能です。(利用規約はしっかり守りましょう)
また、他のフォントを使いたければ、威沙本体から指定するだけでOKですし、プロファイルから設定することも可能です。(その際にもそのフォントがPDF埋め込みを許可しているか、利用規約は確認しましょう)

シチュエーションに応じた利用が可能

表紙や目次は自分で作れるけれど、どうしても本文の縦書きPDFがうまく作れない時には、本文だけ威沙でPDF出力してしまえば、奥付等をくっつけるだけで作品が完成します。
目次や奥付を作るのが面倒という場合でも、威沙ではあらかじめデザインされた目次や奥付ページを出力することが可能です。それをそのまま使ってもいいですし、テンプレートに手を加えれば好きなデザインにも変えられます。
すべてを威沙で仕上げることも、必要な部分のみを威沙に任せることもできるのです。

出力形式も選べる

電子書籍用にセキュリティをかけたPDFにもできますし、入稿用のPDFも作れます。自家製本する際に便利な面つけ済みのPDFも出力できます。トンボだって付けられます。役立つ出力形式の数々です。

本体から変えられる余白設定

威沙本体から余白や文字サイズ、文字数・行数など様々な指定が可能です。文字色や背景色も変えられます。PDF出力が簡単なため、変更結果もただちに確かめられます。

青空文庫と小説を読もう!の作品も組版できる

青空文庫の作品テキストを、ルビつきでも何もいじらず読みやすい縦書きPDFに変換することもできます。小説を読もう!に掲載されている作品のIDを入力するだけで、それを縦書きPDFに変換できるツールもついてきます。自分の作品以外でも、読みたい作品を読みやすい形で読めるようになるのです。

何といっても扱いやすいソフトです。カスタマイズをする際には少々覚えることもありますが、基本的には簡単です。アップデートも頻繁になされていますので、今後もっと使いやすくなる可能性もあります。フリーというのが信じられないくらいです。
皆さんも、ぜひ一度威沙を使ってみてください。縦書きPDF作成が、とても楽になることでしょう。

トップに戻る