一から始めてみる威沙でPDF


テンプレート眺め編


テンプレートファイルは「補足:威沙のファイル構成」で書いた通り、インストールされたizunaフォルダのtemplateフォルダ内に入っています。



今回はこの中から、「デフォルトテンプレート」をいじります。defaultフォルダに入ってるやつですね。
※テンプレートは威沙バージョンアップの際に仕様が変更される可能性がありますので、新しいバージョンを使う時にはその辺を留意しておいてください。
さあいじるぞ!の前に、この変更前のテンプレートをコピペしておきましょう。そのままいじると、いじったのが気に食わなくて元に戻そうとしても後の祭りです。オリジナルはオリジナルとして保存しておくために、まずはコピペ。



そして、コピーした方の名前を変えます。



とりあえず「_2」を加えました。センスがない! 皆さんは自分の分かりやすい名前にしてください。
そして、コピーしたテンプレートフォルダを、PDF変換したい作品のあるフォルダに入れましょう。するとローカルプロファイル・テンプレート機能により、威沙本体からその作品を変換する時に、そのテンプレートを読み込めるようになります。ただ名称が被るといけないので、このページの最後の部分を参考に、オリジナルのテンプレート名をつけてみてください。

では、テンプレートフォルダの中を見ます。



な、何かファイルいっぱいあるぞ。という感じです。閉じたくなります。でも閉じなくても大丈夫です。このうち簡単なカスタマイズでいじる必要があるのは、上の四つ以外なのです。



backcover.tnfは出力形式を電子書籍にした時に、PreTNFで指定した
#裏表紙#
#BACKCOVER#
の画像が入れられるTNFです。
同じくfrontcover.tnfは、
#表紙#
#COVER#
そしてfrontspiece.tnfは、
#口絵#
#FRONTISPIECE#
というような感じで、つまりはそこで指定された画像を表示するためのTNFなわけです。それを何かすごく変えたい場合は別ですが、今は放っといても大丈夫です。
front.tnfは「中表紙・中表紙裏・目次」がセットになったもので、威沙で目次・奥付付与にすると最初の方に増えるやつです。「中表紙のtop.tnf中表紙裏のillustrator.tnf目次のindex.tnf」を単独で表示しているのではなく、一つのテンプレートTNFから呼び出してるのですね。ですから例えば「目次を右ページにして、絵師名を左ページににしたい」場合には、このfront.tnfでその順番を入れ替えればいいのです。


上の目次セット、というか
<include src="top.tnf"/>
<include src="illustrator.tnf"/>
<include src="index.tnf"/>
ですね。ここの「illustrator.tnf」と「index.tnf」の順番を交換すると…

<include src="top.tnf"/>
<include src="index.tnf"/>
<include src="illustrator.tnf"/>
   ↓


こんな風になります。中表紙裏に目次がきて、目次部分に絵師名が挿入。
この配置にしてillustrator.tnfを色々いじれば、第二の中表紙みたいな感じにもできますね。
また、<include src="illustrator.tnf"/>を削除すると、

<include src="top.tnf"/>
<include src="index.tnf"/>
   ↓


こんな風にもできます。中表紙はtop.tnf、目次はindex.tnfで指定してますから、illustrator.tnfは絵師名ではなく違う情報を入れてもいいですし、詩とか入れてもいいですし、白紙でもいいですし、真っ黒にしてもいいですし、このように削除してもいいのです。レッツカスタマイズです。

と、本当はこの辺は今は放置しとこう、という予定でいくつもりが、ここまで書いてました。一旦戻ります。



はい。というわけで、この青い枠の中のをやっていきましょう。
illustrator.tnf
上でもやった通り、絵師名を表示してる中表紙裏
index.tnf
上でもやった通り、目次
left_page.tnf
左ページのページ番号表示やら何やら
publisher.tnf
奥付
right_page.tnf
右ページのページ番号表示やら何やら
template.conf
テンプレート設定
top.tnf
中表紙
まずは、下から三番目のtemplate.confから。これはそのテンプレートの設定で、テンプレートの名称や使用するファイル名を指定してたりします。テキストエディタで開くと…



分かりやすいですね。 テンプレート名称とテンプレート説明は、威沙本体のテンプレート設定で表示される部分です。何と入れてもいいのですが、一目でそれと分かる名称と説明にすると、あとから混乱せずに済みます。


  ↓


こういうのは悪い例ですね。何を考えてるんでしょうこいつは。皆さんはもっと誰が見ても分かるようなものにしてください。

これより下のは基本的にそのままにしておけばいいのですが、どうしても自分なりのファイル名にしたいという場合は、元のファイルの名前を変えてこれに反映させます。ここでは面倒なのでほっときます。

名称と説明を自分なりに変更したあとは、いよいよ中身をいじっていきます。
今回は、
中表紙:top.tnf
中表紙裏:illustrator.tnf
目次:index.tnf
右ページ:right_page.tnf
左ページ:left_page.tnf
奥付:publisher.tnf
を変えるとしましょう。それは次で。

TNFファイルいじり編 < テンプレート眺め編 > 補足:テンプレートで使用しているタグ

トップへ戻る