一から始めてみる威沙でPDF


何となく基本編


今回は、威沙を使うにあたっての組版とか製本とかの何となく基本っぽいようなことなんかを取り上げていきます。初っ端から言葉がアバウトなのは、これを書く私自身の知識が完全ではないためです。文字の詰め方とかアキとかの方面はさっぱり分かっておりません。というわけで、話半分で見ていってください。威沙を使う上でちょっと知っておいた方がいいかも、くらいのことを書いていきます。

用紙サイズと段組

小説同人誌で使われる用紙サイズと段組というと、

A6文庫本サイズ1段組
B6新書サイズ1段組
B6新書サイズ2段組
A5サイズ1段組
A5サイズ2段組

あたりがメインかなと思います。文庫本はおなじみですね。新書だと1段組はエッセイや評論、2段組は小説系でしょうか。1段で小説もありますかね。
A5は挿絵や漫画が入る場合に見栄えがしますが、表紙がイラストだと初見で漫画と思われる場合もあります。B5もそうですね。サイズが大きいほどに漫画感が漂います。
あとは印刷する場合にはコストとの兼ね合いがあります。近年オンデマンド対応の印刷所が増えて、少部数でもそこまで苦しまず発行できますが、文庫本だとそれでも割高になってしまいます。ただ文庫・新書サイズはザ・小説という感じもありますし、何を選ぶか悩ましいところです。

余白の取り方とヘッダーフッター

紙面上の余白に関しては、1ページごとに上下左右があります。威沙では出版用語を反映して上下を天地、左右を小口ノドと表記していますね。

:上。いわゆるヘッダー部分。
:下。いわゆるフッター部分。
小口:ページをめくる方。
ノド:ページを綴じる方。



この時のノドというのが肝心で、製本した際の綴じ側、丁度真ん中にあたるわけです。
平綴じでページ数が多いのにこれが狭すぎると、本をぐぐっと開いて覗き込まないと読めない、ということも起こりえます。ひどい時には字が持っていかれる場合も。ですからこのノドは、その本の用紙サイズとページ数と綴じ方に合わせて、広く取っていく必要があります。
小口の場合は文字が隠れるという心配はないですが、あまり狭いと端の方に指がモロ被りで若干読みづらい、ということもありますね。文庫本なら大体人差し指一本分くらい残っていれば安心でしょうか。1cmくらいですかね。
天地については、これは好みの部分も大きいです。文庫本や新書本だと天、いわゆるヘッダー部分にタイトル・ページ数がくることがほとんどかなと思います。A5以上だと地、フッター部分にページ数がくることも多い気がします。でもまあ好みですね。
と書いてきましたが、電子書籍のみの場合は端末上で見やすいのが一番ですね。

本の綴じ方

製本する場合、綴じ方によりノド部分の余白を変える必要があるので、これを押さえておくのも大事です。基本的に以下の二つを覚えておけば大丈夫かなと。

中綴じ:開いて重ねた用紙の真ん中をステープラーで留めるやつ。漫画じゃない週刊誌や漫画のヤング青年誌系の綴じ方。
平綴じ:折って重ねた用紙や印刷した用紙の端をノリや何かで留める形式。ステープラーで全部綴じる方法と、ノリ等接着剤で綴じる方法、両方合わせる方法などがある。表紙は本文と一緒に綴じるのと、本文をくるんでノリ等接着剤でくっつけるのとか。


ひでえ画像だ!

自家製本だと中綴じは気軽にできますね。平綴じもステープラー留め程度なら簡単です。印刷所なら大体平綴じですかね。中綴じ対応もありますね。この辺もまあ好みです。

中綴じにする場合は、ノドをそこまで広く取るよう気にしなくとも大丈夫です。ただ多少は見えづらくなるので、平均的に取っておいた方が安心です。

平綴じにする場合は、前述の通りノドが狭いと文字が綴じ側に持っていかれる可能性があるので、ページ数に合わせて広げていくよう気を付けた方がいいですね。今は「A5 余白」とかで検索すると色んな方々の組版設定がまとめられていたりもしますので、そういうのもレイアウトの参考にしてみてください。

以下、自家製本時の話です。

使用する単位

威沙ではプロファイルだとpt単位の指定ですが、フォントサイズ指定なんかには他にもpt、mm、inch、Qが使えます。一般的にも組版で使うのはこの4つではないかなと。ちなみに威沙開発版にはこれら4つの単位に対応した単位変換ツールがついているので、超便利です。
以下各単位について。

pt(ポイント):DTPだとメインの単位でしょうか。威沙のプロファイル各種ではこれが使用されています。
cmやmm:日本でおなじみの単位メートル法です。印刷関係だとこれが基準のようなので、キリよく構成しやすいっぽいです。
inch(インチ):アメリカとかそっちで使われている単位ですね。1ptは1/72inchになっています。
Q:級数です。1Qが0.25mmなので、フォントサイズでこれを指定すると、用紙サイズに対してバッチリかみ合います。ただフォントをptで指定し慣れていると、ちょっと大きかったり小さかったりと感じやすいです。

ptとmmどちらで組むか、が悩みどころかと思います。日本だとmm単位が扱いやすいですが、pt組みでも大きくずれるというわけでもないので、これも好みと言えば好みですね。mmで組むならフォントサイズにQを使ってみるのもいいのではないかなと。inchで組むならptですかね。

フォントサイズ

これは用紙サイズと無関係に、8pt〜10ptあたりが適当かなと思います。威沙のデフォルトは8.5ptで指定されていますね。最近の小説だとフォントサイズが昔より大きめになっているようなので、見やすさを追求するなら10ptでもいいのかもしれません。中間取るなら9ptでしょうか。ただ、文字サイズを大きくすればするほど用紙数はかさむので、本文量との兼ね合いもありますね。
※参考:ほぼ日刊イトイ新聞 - 新潮文庫のささやかな秘密。
こちらによれば、2005年時点で新潮文庫の文字サイズは9.25ptみたいです。今はどうなんでしょう。

使用フォント

フォントにはPDFに埋め込むことを許可しているものと制限しているものがあって、気を付けて使用しないと規約違反になります。他にも商用利用等を固く禁じている場合などもありますので、同人誌や電子書籍に使いたいフォントがあるとしたら、まずはその規約をチェックして、自分が作ろうとしているものへの利用が可能かどうかを確かめなければなりません。
その点2016年3月現在威沙に同梱されているIPAフォントは商用利用が可能であり、PDFへの埋め込みも再配布にはあたらず、自由に使えます。
※これは威沙のfontフォルダ内のenduser_license.txtに書かれていますので、IPAフォント公式サイト内の下記リンクと合わせてご自分の目で確認してください。
IPAフォントライセンスv1.0(IPA Font License Agreement v1.0)
よくある質問と答え
liberationfontsはどうかというと、威沙に同梱されているバージョンのライセンスはSIL Open Font License Version 1.1.で、英語なので読みづらいですが、PDF埋め込みと商用利用は大丈夫のようです。
※これは威沙のfontフォルダ内のeliberation-fonts-ttfフォルダ内のLICENSEに書かれていますので、こちらも下記リンクと合わせてご自分の目で確認してください。
SIL Open Font License (SILオープンフォントライセンス)
というわけで、威沙に同梱されていないフォントを使用したい場合には、利用規約の確認を怠らないようにしましょう。特にフリーのフォントは製作者の方の善意で提供されていますので、迷惑をかけないようにしなければなりませんね。

著作権的なアレコレ

威沙には「小説を読もう!コンバータ」もついているので、ちょっと書いておきます。
一般的に著作物は、私的使用目的の複製は認められています。個人とか家族とか、一人ないしはごくごく限られた身内で楽しむ分には、ですね。そういうのも駄目ですよ、禁じますよ、と著作者により明記されていても、これはまだ著作権と複製権との兼ね合いで、グレーゾーンの問題のようです。(コピーガードされているものとかはまた別ですが)
ですからあくまでも個人、自分が一人で楽しむためだけなら、誰かの小説を複製することは制限されないのだと思われます。「小説を読もう!コンバータ」を個人的に使用するのも安心です。(といっても著作者の方が私的使用目的の複製を禁じている場合には、それを守りたいものです)
ただ一般的にはどの作品においても、当該作品の著作権は著作者の方にありますから、それを侵害することは許されません。(著作権を放棄した旨が明記されている場合はまた別ですが)

威沙を使用しての例を出せば、自分がいつでも読めるように、他人には触れられない領域で誰かの小説を縦書きPDF化して楽しむのはいいけれど、それを勝手に不特定多数にばら撒いたり、無断出版して売りさばいたり、自分のものと偽って公開したり、ということは駄目なのですね。これらが駄目じゃなかったら色々と大変です。(多分これらには著作権だけでなく複製権の侵害も混じっていると思うのですが、法律に明るくないためちょっと区別ができません。まあ駄目なことには変わりないですね)

と、駄目駄目書いていますが、現時点では著作権侵害罪は親告罪なので、侵害された被害者側が「侵害されたので訴えます」としない限りは、加害者側は何の罰も受けずに終わる、ということもあります。訴える側が色々準備しなければなりませんからね。企業や悪質な人間に一個人がパクられると、対応に苦慮して泣き寝入りする場合もあるようです。最近ではインターネット網が発達し、SNS等で発信するのが容易になったため、被害者側が被害状況を仔細にまとめてそれを拡散してもらい、協力者や応援者を得て企業や不正な相手に対応していく、ということもできますが、労力が要ることに違いはありませんね。
著作権侵害罪が親告罪であるからこそ、二次創作も著作権保持側の利益を損ねない範囲で見逃されているわけですが(中には大事に至ったケースも存在します)、その一方で親告罪であるがゆえに、一個人の創作者の権利が無下にされる場合もあります。たった一人が軽い気持ちでパクったり自作と称してウハウハしたり勝手に利用して商売したりすると、利用された創作者がダメージを受けて創作を辞めてしまうことさえあります。あるいはどこかの誰かの手によって、自分がそのような悪質行為の被害者になるかもしれません。他人のものにせよ自分のものにせよ、著作権には留意して、創作活動を楽しんでいきましょう。


大体こんな感じでしょうか。足りないことがあればご指摘ください。

トップへ戻る