一から始めてみる威沙でPDF


スタイル機能で指定可能なタグ


スタイル機能で指定できるものを、暫定的にまとめておきます。

・セクション
section.〜〜
{ title:〜〜;
page_title:〜〜;
include:"〜〜";(ファイル名)
}

・改ページ
newpage.〜〜
{ num : 〜;(数値)
}

・改段
newstep.〜〜
{ num : 〜;(数値)
}

・インデント
indent.〜〜
{ string:〜〜;(空白スペースを使う時には""で囲う)
size:〜;(数値)
}

・行間
margin.〜〜
{ size:〜;(数値)
}

・地付き
under.〜〜
{ num : 〜;(数値)
}

・スペーサー(空白挿入)
spacer.〜〜
{ num : 〜;(数値)
}

・ルビ
ruby.〜〜
{ balance:〜〜(on,offから選択);
size:〜;(数値)
point:〜;(数値)
text:〜〜;
}

・フォント
font.〜〜
{ name:〜〜;(fontmapの種別反映可能)
size:〜;(数値)
space:〜;(数値)
color:〜〜;(#FFFFFF形式)
}

・傍線
sideline.〜〜
{ type:〜〜;(line,double,dotted,wave,boxから選択)
}

・取り消し線
strike.〜〜
{ type:〜〜;(single,strikeX,waveから選択)
}

・リンク
a.〜〜(リンク指定。hrefとnameは分ける必要がある)
{ href:〜〜;}(リンク先指定)
{ name:〜〜;}(hrefで指定した名前でリンク先になる)
{ id:〜〜;}(nameと同じ)

・自動採番
number.〜〜
{ name:〜〜;
format:〜〜;(number,alphanumeric,kanji1,kanji2,romeから選択)
fixed:〜〜;(on,offから選択。番号固定をするか否か)
value:〜;(開始番号指定のため、スタイルで使うと呼び出す度この番号になる)
}

・挿絵指定
img.〜〜
{ src:"〜〜";(ファイル名。使用可能なのはjpeg,png)
class:char;
size:〜;(数値)
ruby:〜〜;(文字)
point:〜;(数値)
}

img.〜〜
{ src:"〜〜";
class:illustration;
align:〜〜;(right,left,nextから選択)
position:〜〜;(upper,under,left,rightから選択)
}


トップへ戻る