by SOrow in  

にんじんお兄さんとれんこんおじさんの元ネタ4コマ

お散歩ロードとお出かけクッキングに出てくるにんじんお兄さんとれんこんおじさん。彼らのイベントの元ネタのような感じの四コマです。かなり以前に描いてました。10年以上前かなあ。ネタが古いぜ! ゲームのイベントのネタバレになるかもしれませんが、ならないような気がするのでオッケーということでよろしくお願いいたします。

当然のように宣伝!
マサオのお散歩ロード:https://north.undo.jp/masao/
マサオのお出かけクッキング:https://north.undo.jp/masao2/


昔のイラストを発掘リメイク。にんじんお兄さんのズボンの色は現バージョン!


ほどほどに

ほどほどに2


とかけます


何でも相談室


最後のはお出かけクッキングで使いました。アレです。

by SOrow in  

シナリオの埋め方

皆さんゲームのシナリオはどのように書いてらっしゃるでしょうか。私はアドベンチャー系だと以下のような感じで進めていきます。

  1. 思いついた会話文を並べる
  2. 地の文が必要なやつは冒頭から埋めていく
  3. 段々埋めていくのが面倒になってくる
  4. とりあえず思い浮かぶところを優先的に埋める
  5. まあいいや!と一旦ゲームに入れる
  6. ゲーム上で思いついた部分を追加していく
  7. 何となく全体的に埋まる
  8. 通しプレイ
  9. 突っかかる文章を変更する
  10. 辻褄が合わない部分が出てくるので直す
  11. 通しプレイ
  12. 以下完成まで9~11のループ

とても思いつきな制作方法ですね。その場のノリじゃないか! 文章主体のゲームだと一応ラストまでできてからゲームに入れていくのですが、分岐がある場合は大体思いつかない部分を後回しにして作っていきます。イラストとかスクリプトとかに飽きたら残りをひねり出していく感じです。この方法の問題点としては、プロットがないので完成形が自分のふわっとした脳内イメージに依存することと、何回も通しプレイをするので完成までに時間がかかるし飽きてくるしということと、プレーンテキストとゲーム内のテキストが大きく変わるので文字数の管理がしづらいことですね。でも個人的にはこのやり方が一番完成させやすいです。短編だと強引にラストまで持っていけます。長編は難しいです。途中で飽きる公算が大ですね。長編作れる人すごいなあと思います。私はどうも最後まで作れません。設定固めた方が書きやすいのかなあと思ったりもしたのですが、一度ガッチガチに設定作ったらそれで満足してしまって、物語がまったく進まずお蔵入りとなりました。何かこうその場その場の思いつきで作っていくのが性に合っているようです。文章主体のシナリオにしても、ゲームに入れていくうちにかったるいと感じた部分はカットしたり変更したり、物足りない部分は追加したりするので、プレイした時の感覚で全部決めていく感じですかね。自分がプレイして、まあこれでいいかと思ったらそれでいい感じです。そういう方は他にもいらっしゃるでしょうか。普通はプロットしっかり立てるんですかね。今だとほぼみっかの追加キャラのシナリオも、とりあえず妄想した会話文を打って、思いついたら地の文埋めて、何となく進めていっています。でも書いてから時間が経つと最初から流れを確認しないと色々思い出せなくなり、読むだけで作業時間が終わったりしますね。追加分がない! 長いシナリオだとこの見返し作業に時間を取られます。基本文体が安定しない人間なので、元々の文体を思い出すのに時間がかかる感じです。そのため思いつきで埋めていった方がある意味安定する形になります。でも辻褄合わないことはあるので、やはり無駄に時間がかかるオチです。

でも何というか、趣味の制作はこの無駄に時間がかかる行為も面白いなあと思います。その過程が楽しいというか。結果としてゲームとか遊んでもらって楽しんでもらえればそれはもうウヒョー!ですが、一人でこねくり回してる時間も何か良いですね。効率化しようとすればできるはずで、限りある時間は有効に使った方が良いとも思うのですが、思いつきでぐだぐだと時間を浪費するのも、趣味だからこそできる贅沢かなあとも思います。効率求めない贅沢ですね。操作手順は効率化した方が楽なのでできればやりたいところですが、創作部分はまあやりたいようにできるのが一番かなあという感じです。シナリオの作り方から話がかなり逸れましたが、以上で終わります。思いつき具合を表しているような文章だ!

by SOrow in  

冬!

冬ですね。寒いです。雪降りました。今年はあったかいなーと思っていたのですが、一気に冬です。寒いです。寒いとあまり動きたくなくなりますね。活動はより一層鈍くなる予感です。

ただ何もしなさすぎても何も終わらねえ!となるので、ここに何かを貼れる感じにはしたいです。というわけで、今回はほぼみっかの立ち絵衣装差分を。

描いてからこれちょっとしか出番ないし省略しても良かったのではないか疑惑がわいてきた月沼海君のシャツ姿です。カイ君ですね。作中ではカイ君と呼ばれます。もう一つ衣装が必要な人物です。話を考えてる時は自分が描くということを忘れているので、作業量が増える一方です。でもまだシナリオは終わっていません。今年中に終わるのでしょうか。終わらない予感がします。寒いです。

by SOrow in  

ブログ変更

ブログを変更してみました。Hugoを使ってみたのですが、早いですね。サクサクです。Markdownって書きやすいんだなあと今更知りました。これで日記の更新も早くなるかもしれません。むしろ遅くなるかもしれません。どうなんだ! でも小説なのか何なのかというものをとりあえずぶん投げておくスペースができて良かったです。ゲームにしようかなあとも思ったのですが、そこまででもないなあという感じだったのですね。処理に困っていたHTMLファイルが減りました。そしてきんダンのあとがきもリンク繋げるのが面倒でずっと放置だったのですが、無事おさめられました。さくらのブログにアップした分は悩みどころですね。わざわざこっちに持ってくる必要もないかなあ。レイアウトはぼちぼちいじっていきたいと思います。

そういえば今年もたくあん漬けました。何年か前までは米ぬか買って塩とざらめと昆布と唐辛子と果物の皮を混ぜて漬けてたんですが、毎回ぬかが余るので、市販のやつに切り替えました。中村食品さんの「初めての、たくあん漬。」です。

http://e-shokuhin.jp/shop/329309

これがまあ簡単なんですよね。ざらめ以外買わなくて良いという。ウコンも入っているので色も鮮やかです。干し大根はもちろんのこと、生大根も漬けられます。漬けてから一週間で食べられるので、長期保存を目的とするなら塩足さないと厳しそうですが、お手軽にできてありがたいです。少ない量をばばーっと漬けられるのが嬉しいですね。北海道だとホクレンに売ってるっぽいです。漬ける大根とタルと漬物石がある方は一度お試しください。美味しいです。

by SOrow in  

ミっちゃん

「だからさミっちゃん」、タクヤは言う。「憎しみは憎しみしか生まねえのよ。それが世界の真理。未来永劫変わらない、見たくなくてもそこにあり続ける、絶対的事実。君が誰かに傷つけられて、憎しみ抱いてその誰かを傷つけたら、その誰かは君を憎むかもしれないし、その誰かに近い人たちが君を憎むかもしれない。これぞ連鎖だよ。憎しみの連鎖。食物連鎖よりも危うくて確実な、世界を滅ぼす真理なのよ。だから憎しみを誰かにぶつけるなんてナンセンスだ。俺たちは人間だろ? 理性をもって秩序を作って社会を維持する人間様。道徳作り上げて救世主をでっち上げて、信仰心で生存本能だまくらかす、偉大なる人間様だよ。快楽だけで動くことにNO突きつけて、快楽生産機構を社会に組み込むペテン師の集まりだぜ。そんな中で憎しみ連鎖させるなんざ、卑小も卑小。ちっぽけすぎる。高邁な精神もって自分は他の人間とは違うって、抗いようのない真理に反逆してこその人間だよ。感情に流されちゃいけない、快楽に流されちゃいけない。いくら辛くても歯ァ食いしばって死に物狂いで這いつくばって、不毛な連鎖を食い止めるんだ。不毛、そう、不毛だよ。憎しみあって何になる。何を得られる、誰が救われる。憎い相手のことを四六時中考えて、仕返し方法考えて、無残な相手の姿想像して人心地ついて、攻撃を実行する。それでどうなる。相手は苦痛の限りを味わった末に死にました、チャンチャン。ハッピーエンドで幕は下りる。フィクションならそれでいい。でも俺たちはフィクションの世界には生きていない。俺たちの人生はそのまま死ぬまで続いてく。その後の人生、憎しみを憎む相手にぶつけて終わったその後の人生が、ハッピーのまま続くと思うか? 自分の頭支配していた憎い相手がいなくなった後の生き方、誰が教えてくれるっていうんだ? だからさ、消せばいいってもんじゃないんだよ。憎しみぶつけりゃいいってもんじゃない。俺たちは人間だ。人間だから、自分の都合の良いように物事計画して実行できる、その知恵がある。自分に絶望しか与えねえ憎しみのことは棚に上げて、憎しみ煽るクズなんざ自分の視界から消し去って、有益に、建設的に生きていく。それがベターな生き方なんじゃないか?」
「じゃあ」、ミチルは言う。「お前があたしの氷結ロング二本勝手に飲みやがった件は、お前の存在をあたしの人生から抹消することで終わりにしてあげようか?」
 それから七秒後、大変申し訳ございませんでした、とタクヤミチルには土下座した。