by SOrow in  

ざっくり文2

kazaさん(@kazaeditor)の配信にまたお邪魔して、お題でちょっとだけ文章を書いてみました。前回以上にざっくりです。

kazaさんが書かれていた小説は下記です。

2.八重霞 春物語/夕目紅 - カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054889140841

何というか、相変わらず何でこんな小説書けるんだ……? という畏敬の念が絶えません。世界作りが半端ないなあ……。

以下は私のです。

=====

 雲一つない晴天というやつだった。頭上には青空が広がっていて、目線を下ろすに従って、徐々に青に白が混じっていく。田畑の向こうに見える山々も、濃い緑に空の青さが上塗りされているようで、その色合いは私にわずかなめまいを感じさせた。
 高校時代の通学路だった。車でならたった四分の道のりが、当時はやけに長く果てしない、終わりのないものに思えたものだった。路側帯は狭く、車を停めれば車線を一本埋めてしまうが、それを迷惑と感じるドライバーはいないだろう。後続車も対向車も、何分かに一台通れば良い方だ。田舎。その言葉が似合う風景だった。人口二十万の街とは違う。市という括りであるのが不思議なほどの田舎。
 私は昔、ここに住んでいたことがある。中学と高校をこの街で過ごした。嫌な記憶ばかりが残っていた。この世の中に、本当に幸せに生きている人なんているんだろうか。そんなことをよく考えた。そもそも、幸せなんてものが存在するのか? お決まりの厭世観。それに浸りながらも、親の庇護下から抜け出す勇気はなかった。社会の枠からはみ出す度胸もなかった。幸せがそこにないことを知っていても、探そうともしなかった。だが、今なら分かる。私はその状況こそが幸せであることを、知っていたのだ。
 懐かしさはなかった。ハンドルを少し切り損ねただけで、排水路にダイブしそうなほど幅に余裕のない道路。そこかしかに黒い補修材が埋め込まれ、段差だらけになっている路面。水田で揺れる青い稲。風に運ばれる土と草の匂い。多くの水田の合間にちらほらと見える、新築のような家と、古ぼけた家。その向こうにそびえる山々。濃い緑色は、空の青に汚染され、輪郭をにじませている。
 懐かしさはなかった。それは当たり前の光景だった。かつての私にとって、そこにあるのが当然で、それ以上の価値も特別性もなかった風景だった。きっと私以外の誰かなら、写真を撮ってSNSにでもアップして、素敵なコメントを残すだろう。だが私の頭には、何の言葉も上らない。それはただの風景だ。誰と共有する価値もない、誰に伝える義務もない、ただ、昔と変わらないようでいて、何の裏切りもなく確実に年代の経過した、よくある田舎の風景。並ぶ水田と電線の向こう、二つの山が重なっている。その輪郭は青い空ににじんでいて、だがそこに融け込むことはない。
 空は青い。雲一つない晴天というやつだった。それが霞んで見えるわけがなかった。青さが霞むわけがなかった。八重霞に包まれたかのように、その青の輪郭が、白くにじむわけがなかったのだ。

by SOrow in  

ざっくり文

kazaさん(@kazaeditor)の配信にお邪魔して、お題でちょっとだけ文章を書いてみました。ざっくりすぎてもうざっくりとしか言えませんが、ざっくり書くの楽しかったです。

kazaさんが書かれていた小説は下記です。

  1. 泡雪 春物語/夕目紅 - カクヨム https://kakuyomu.jp/works/1177354054889140841

あの短時間でどうしてこんな文章を書けるんだ……と毎回脱帽です。やっぱり表現力というか、諸々すげえです。

以下は私のです。

=====

 家の呼び鈴を鳴らしても反応がない。携帯電話で呼び出し続けること一分、ようやく人の声が耳に入る。
「あい」
 音の響きだけなら可愛らしいが、かすれにかすれて不機嫌を露わにしているドスの利いた声で言われても、こいつ寝てたな、としか思えないものである。
「カスミさんさ、寝てたでしょ」
 指摘すると、んん、とまた喉を鳴らす低音を吐いたカスミは、十秒ほどの沈黙を置いてから、「あ!」、と音量調節を間違えたスピーカーのように耳を揺さぶる声を上げた。
「あー! キヨミちゃん! 違うって、これ違うから! ね! 私はそんな寝坊して人様待たせるような傍若無人の人間ではございませんですからね!」
「うん、まあどうでもいいけどドア開けてくれますかね、寒いんですよ」
 四月に入ったというのに、最低気温は相変わらず零下を下回り、雪が降ることすらある天気だ。泡雪の如くすぐに融けはするものの、雨と同様頭に嫌な重みを加え、空気を冷たく湿らせる。
「はい了解! 今すぐに! ただちにこのタカギカスミがキヨミ様のもとに参ります!」
 宣言してから電話が切られ、ドアの向こうから足音が聞こえてきた。相変わらずこのアパートは防音性がヤバイな、などと思いながら待つこと五秒、ようやく安っぽいブラウンのドアが開かれた。
「はい、セーフ!」
 グレーのスウェットの上下に身を包んでいるカスミは、両肩にまでかかる茶髪をあちらこちらに跳ねさせながら、鬼気迫った顔でそう宣言した。細面だがむくんでいる顔は、睡眠をたっぷり貪ったであろうことを教えてくれている。
「いやアウトだと思うよ、割と」
「いや割とセーフでしょ! 約束は忘れてないし! キヨミちゃんが我が家にいらっしゃることは覚えていたし!」
「うん、あなたが誘ったわけだしね」
「よし、じゃあトゥエンティフォー全部見ようか!」
 そう言ってカスミは部屋に入っていく。寝起きだというのに元気な女だ。嫌な寒さもどうでもいいと思わせるような、いつでも春満開な女だった。キヨミはそんなカスミの後に続きながら、それ今日で終わらないでしょ、とため息混じりに言った。

by SOrow in  

すごい二択

短い。

「何かあった?」
「何かって?」
「何か。こう、悩み事とか」
「とかって何さ」
「何ってまあ、考え事とか?」
「それって悩み事と何が違うの?」
「悩むのは苦しくて、考えるのは楽しい」
「すごい二択だね」
「でも苦しんでるか楽しんでるかは分かるだろ」
「それ分かってどうすんの?」
「苦しいなら優しくするし、楽しいなら邪魔しない」
「へえ」
「うん」
「そう」
「うん」

by SOrow in  

ミっちゃん

会話。

「だからさミっちゃん」、タクヤは言う。「憎しみは憎しみしか生まねえのよ。それが世界の真理。未来永劫変わらない、見たくなくてもそこにあり続ける、絶対的事実。君が誰かに傷つけられて、憎しみ抱いてその誰かを傷つけたら、その誰かは君を憎むかもしれないし、その誰かに近い人たちが君を憎むかもしれない。これぞ連鎖だよ。憎しみの連鎖。食物連鎖よりも危うくて確実な、世界を滅ぼす真理なのよ。だから憎しみを誰かにぶつけるなんてナンセンスだ。俺たちは人間だろ? 理性をもって秩序を作って社会を維持する人間様。道徳作り上げて救世主をでっち上げて、信仰心で生存本能だまくらかす、偉大なる人間様だよ。快楽だけで動くことにNO突きつけて、快楽生産機構を社会に組み込むペテン師の集まりだぜ。そんな中で憎しみ連鎖させるなんざ、卑小も卑小。ちっぽけすぎる。高邁な精神もって自分は他の人間とは違うって、抗いようのない真理に反逆してこその人間だよ。感情に流されちゃいけない、快楽に流されちゃいけない。いくら辛くても歯ァ食いしばって死に物狂いで這いつくばって、不毛な連鎖を食い止めるんだ。不毛、そう、不毛だよ。憎しみあって何になる。何を得られる、誰が救われる。憎い相手のことを四六時中考えて、仕返し方法考えて、無残な相手の姿想像して人心地ついて、攻撃を実行する。それでどうなる。相手は苦痛の限りを味わった末に死にました、チャンチャン。ハッピーエンドで幕は下りる。フィクションならそれでいい。でも俺たちはフィクションの世界には生きていない。俺たちの人生はそのまま死ぬまで続いてく。その後の人生、憎しみを憎む相手にぶつけて終わったその後の人生が、ハッピーのまま続くと思うか? 自分の頭支配していた憎い相手がいなくなった後の生き方、誰が教えてくれるっていうんだ? だからさ、消せばいいってもんじゃないんだよ。憎しみぶつけりゃいいってもんじゃない。俺たちは人間だ。人間だから、自分の都合の良いように物事計画して実行できる、その知恵がある。自分に絶望しか与えねえ憎しみのことは棚に上げて、憎しみ煽るクズなんざ自分の視界から消し去って、有益に、建設的に生きていく。それがベターな生き方なんじゃないか?」
「じゃあ」、ミチルは言う。「お前があたしの氷結ロング二本勝手に飲みやがった件は、お前の存在をあたしの人生から抹消することで終わりにしてあげようか?」
 それから七秒後、大変申し訳ございませんでした、とタクヤミチルには土下座した。

by SOrow in  

したら絶交

会話調?

……ほら、交通事故とかあるじゃん。主役とか家族とかがさ、こう、轢かれちゃって死んじゃうって。いや俺ねえよ。轢いてねえよ、轢いたことねえよ、ゴールドカードだよ。うん、いや免許だけど、ほれ安全運転だべ? スピードもそんな上げてないし……いや動物もねえよ。だから轢いてねえの。……え、マジで? えー……鹿ってやっぱそっかー……轢くと……轢く、っていうか衝突? 正面衝突? 後ろから……いや、もうそのネタどこまで通じんだよ。なあ。
 いやっつーかさ、だからね、ドラマとかの話でさ。うん、ドラマとかで主役とか家族とかがさ、トラックなんかに轢かれちゃうわけじゃん。何? 歴史? ああ、レキシ……轢死ね。うん。そうなった時にさ、加害者って出てこなくね? そう、事故起こした方さ。その事故の加害者出てきてこう、家族なんかとさ、何、ひと悶着? あるようなの。
 あー、まあ刑事ドラマとかだとね。だって犯人メインじゃん。そうじゃなくて、まあドラマじゃなくてもさ、漫画とか何かまあ、フィクション? それでさ、子供の頃お母さんが交通事故で死にました、だから母親の愛情が分かりません、って展開で、事故起こした方ってどうなってんの? って話よ。
 ……うん。あー、まあねえ。何か……でも、存在しないわけじゃないわけじゃん? わけじゃ……うん、何か、どこまでリアリティ持たせるかってことかな。……お前、ほんと極端だよね。いやでも、うん、そうか。まあ、恋愛ドラマでウンコしてるシーンとか見たくないわな。刑事ドラマとかならまだアリだけど、恋愛ドラマでウンコ……うん、いや、うん。スカトロはね。きついよね。ある意味放送事故だよね。炎上だよね。……まあ、話題に……話題にならんとシャレにならんわな。いやー、きついわー、話題にすらならないの……。
 ……っていうかお前さ、それじゃ加害者はウンコなの? えー……まあ、そうかー……。っていうかお前、昼からウンコウンコ言いすぎじゃね? いや俺も言ってるけど。え、マジで。いや漏らすなよ、漏らしたらお前絶交だから、絶対許さねえから、うん、うん……。