SOroom

ゲームの思い出

過去にプレイしたゲームの思い出とか感想とか。ネタバレあるので注意です。

SFCソフト

ファイナルファンタジー5

初めてプレイしたファイナルファンタジーシリーズ。だった気がします。10回くらいはプレイしていて、そのうちストレートにラスボスまで行ったのは多分2回くらいです。大体石板の武器を集め終わった頃に満足してやめて、思い出した頃にラスボス前まで行っているデータを呼び出してれんぞくまものまねれんぞくまものまねでクリアしてまた最初からプレイして~という繰り返しでしたね。このあたりで私の「ラスボス前まで進めたら満足してやめてしまって数ヶ月~何年か後に思い出して再開して「このキャラ誰だっけ?」状態に陥るのでとりあえずラスボス倒せるか挑戦してみるもストーリーは思い出せず、もやもやするのでクリアするしない関係なく最初からプレイする」パターンが完成されます。おかげで何回もやってるのにエンディングは見ていないゲームが増えること増えること。なぜその時クリアしないのか。

それはともかくFF5。何が面白かったかというとレベル上げで、特にジョブレベルを上げるのが楽しかったです。アビリティが増えて強くなる、☆三つがつく、という報酬が子供心にたまらなく、コツコツAPを溜めてました。せきぞうにきんのはりを使ってAP稼ぎをするのも楽しかった。ラスダンまで進めばAPはボロイのでレベル上げしきったらさっさと進行させてもよかったのですが、序盤に無駄な時間をかけて色んなアビリティを覚えてザコをバンバンぶちのめすプレイに燃えたものです。かめのこうらを稼いだりマイティガードラーニングに励んだり蜃気楼の町を出たり入ったり。ストーリー以外の思い出が多いゲームですね。でもキャラも好きでした。ジョブチェンジでそれぞれのキャラグラ変わるのも面白かったなー。白魔導士素敵でしたね。ねこみみねこみみ。

ドラゴンクエスト5

初めてプレイしたドラゴンクエストシリーズ。だった気がします。ぼうけんのしょが消えた時の音は今でも聞きたくないトラウマものです。ゲーム自体は主人公が成長したりモンスターを仲間にできたり奥さんを選べたり色々盛りだくさんで楽しかったのですが、主人公に天空シリーズが装備できなかった時の「え!?」という衝撃と子供に装備できた時の「マジかよ!!!」という驚きは、主人公に強い装備をつけるのが当たり前だった自分にはとても大きかった。鳥肌立ちました。一番思い出に残っているのは奴隷時代の作業ですね。メタルマックス2のドラム缶押しと通じる楽しさがありました。今やると楽しむシチュエーションじゃないのですが。当時はああいう作業自体が面白かったなあ。改めてプレイすると主人公の境遇の過酷さにちょっと引きますね。どれだけのもの背負わされてるんだ。嫁はビアンカ一択でした。単に青髪より金髪が好きだったという。

メタルマックス2

データの保存が効かなくなってきたので最近はやっていないのですが(デスクルスあたりまで進んで消える×2が辛かった)、かなりプレイしたゲームです。スナザメにやられたりグラップルタンクにやられたりソルジャーをスルーしかけたり。序盤はとにかくビームハチドリで稼ぎましたね。生身の戦闘ではよくやられました。どこにでも戦車で侵入させてくれよ! と強く思ったレーザー相手。終盤のオリジナル戦車作りの時にはもうつけられるだけつけましたね。裏ワザか何かで。やり方が思い出せませんが。そして何よりドラム缶。ドラム缶押し楽しかった。押しまくった。デスクルスヒャッホー。ただ特に戦車好きというわけではなかったので、その辺のこだわりをあまり楽しんでなかった自分に残念です。ありのじゅうたん気持ち悪かったなあ。

半熟英雄

まあよくやりました。プレイしました。たまごを持っていない兵士を城に置いといて「おくのて」で攻めてきた敵兵士を倒しまくるのが楽しかったですね。そこでぶんどったいっぱつエッグで敵の城に攻めていくエコ戦闘。内政高いたまご無し兵士をスカウトしまくったのも良い思い出です。でもセシルとかヴィーナスとかの戦闘力高いキャラは攻め込み役としてよかったですね。強い兵士だとグラが変わるのもつい重宝してしまうところ。そういう戦闘面も楽しかったのですが、ストーリー面もギャグがキレてて好きでした。すぎやまこういちさんの音楽も。あと攻略本の兵士紹介欄にまでギャグが入ってて大いに笑いました。今読み返しても面白いです。

PSソフト

女神異聞録ペルソナ

階段の踊り場でひたすらカニ歩きをしていた思い出。セーブポイントの遠さが幾度となくプレイを中断させました。デヴァ・ユガ突破したのに帰り道でアガスティアの木に辿りつく前にバックアタックで魅了食らってなすすべもなく殺された時はさすがにそのままゲームを放り出しましたね。やってられるかあ!と。女神転生シリーズをやっていない人間にとってはかなり敷居の高いシステムでしたが、攻略本を入手してからは割と簡単に進められて一回はクリアができました。経験値の稼ぎ方と魔法継承の方法と潜在復活を知ったのが大きかったです。とにかく序盤はマークとレイジが育ちにくいので彼らへのペルソナをどう配分するかが戦力向上への道でしたね。ウィゾニフルがお気に入りです。速くて強い。

攻略本にはカジノのポーカーだったかな? カンスト方法が載っていて、よしハメてやると意気込んでは途中で小心者が出てきてやめるというパターンが生まれました。それでもコインどっさりせきばんどっさりにはなれたので、プレイがかなり楽になりましたね。あとはFOOL三体潜在復活入りも作れましたが、ただこれはどうしても能力落ちる合体事故でやってしまいます。優良合体事故で三体作った人がいたら本当にすごいと思う。どれだけリセットすればいいのやら。他にもヴィシュヌを作るまでいかなかったりブラウンエリーアヤセのエンディング見てなかったり雪の女王編をやっていなかったりと、プレイしきれていないゲームです。でも面白かった。ただストーリー面は攻略本や漫画で大方知っていたので衝撃を感じなかった自分に残念。

フリーゲーム

多いのでとりあえず一言メモ。
AVG系
・一回はクリアしてる系
■1999ChristmasEve
 言わずと知れた名作。かまいたちの夜を彷彿とさせる作り。かなり前にやってご無沙汰だけども面白かった記憶。
■ある夏の日、山荘にて……
 よくわかんねえ!と適当にやってたらエンディングで「!?」となった記憶がかすかに。よくできた作品だったと思う。
■僕と君の夏休み
 VIP発の作品。ボリューム豊富だった気がする。
■ブラックオクトウバー
 なんかよかった。
■Bye
 かなり引き込まれた。なんかすごかった。
■Dear∽Life
 おもしろかった。
■ファミリエ
 ビジュアルに比例しないダークな感じが印象に残る。ハッピーエンド(?)へのフラグが難しいというか初見でよくわからなくて「なんじゃそりゃあ!」となった。
■ふたりはオッサン
 なんかすごかった。
■グッバイトゥユー
 続きが待ち遠しい。
■ひとかた
 言わずと知れた。すごい。
■homeless, the vagabond
 文章の魅力がパナイ。ビジュアルも個性的でよかった。
■育成日記
 おもしろいんだけどむずけーよ!となった。実際はそんなに難しくはない。と思う。
■夏天祭実行委員会
 作り込みがすごい。よかった。
■コトノハデカダンス
 なんかもう文章がすごくこみいってるのが好きな人には大オススメ。ただ長い時間読んでるとゲシュタルト崩壊に近い感覚に襲われる。
■××をください!
 おもしろかった。
■ラスト・ピュリファイ
 これはもうすごかった。やらないと損な感じ。
■mix.
 作り込みがよかった。
■街で噂の伯爵様
 あんまり覚えてないけどよかったような。
■風雲相討学園フラット
 おもしろい。
■夏仕舞冬仕度
 こういう視点のゲームは初めてだったなあ。おもしろかった。
■探し屋トーコ
 一度はやらないと損な感じ。
■消火栓
 名作。
■TRUE REMEMBRANCE
 よい。
■閉ざされた雪の中
 あまり記憶がないけどおもしろかったと思う。
■しぇいむ☆おん
 ボリューム満点。
■茜街奇譚
 名作。
■威信慕
 なんかすごい。
■嘉瑞院
 丁寧な作りでよかった。
■君色プロムナード
 定番。
■死に至る病
 完璧。
■送電塔のミメイ
 よい。
■魔歌使い
 ボリューム豊富。
■知らない友達がいる家
 AVGじゃないのかも。でもよかった。

・クリアしたか怪しい系
I’m... 心の向こう側に
蜃気楼の教室
あやかしよりまし
奇跡の外科医に

18禁系
masher
すくとり
トリレンマブルー's
愛娘(いとこ)☆ ~昨日の従姉妹は明日のフィアンセ~